二重苦の君たちへ 〜春編・青い春は棄ててゆく。

  • 2011.03.24 Thursday
  • 00:00
 二重苦の君たちへ 〜春編・青い春は棄ててゆく。
 @池袋手刀

  今日は池袋手力ということで、知らないバンドばっかりなのにホーム気分でした。実際行ったことある回数は高円寺ハイと多分そんなに変わらないのになー。池袋というだけで安心してしまう(笑)  


 ■yasu
 
 衣装とかメイクとかは全体的にナチュラルなのに、羽根だけ背負っておられたのが妙にリアルでした。
 カバーとのことでしたが「天使」っていう曲が綺麗だったなあ。

 
 ■HOKAGO TILL TIME
 
「けいおん!」(に限定されないのか?)のコピーバンドなのかな? 演奏された曲は全くわからなかったんですが、みんなノリノリでコスプレしていて見ていて楽しかった(笑)本気の文化祭バンドみたいな。
 ひとりだけ男の子のTILLさんが似合ってるのか似合ってないのかわからないけどとにかくイケメンでした。田中さん(笑)のメイド服は違和感なさすぎて普通。
 

 ■どろろ

  白塗り+眼帯+包帯のヒサキさんと白塗り+ハット+羽織りのキリヒトさん、で見た目のインパクトが凄かった。ベースは女性(……ですよね?)でマスクして終始俯いて黙々と弾いてた(口裂け女の曲のとき、ヒサキさんが顔を隠してる髪の毛を持ち上げるみたいにしてたけど)
 歌詞や世界観がコテコテにおどろおどろしいので惑わされるけど、結構聴きやすい音だった気がする。ヴォーカルも急に叫んだり喚いたりしてもきたなくならなくて、私は好きな感じだったなあ。
 拍手も起こらないので私もぼーっと突っ立って見てしまいましたが、いつもこんな感じなのかな? MCも「見えないんです」「知ってました? ここ僕の夢の中なんです」とか独り言っぽかった。「こんなにやだやだ言っても見えないんですね……」って言われたときとか、何らかの反応を返した方が良かったんだろうか……。「怪人(何て言ってたかうろ覚えです)の声が聞こえてきますよ」っていうMCのあとにキリヒトさんが徐に告知を始めたのはちょっと笑ってしまった(笑)
 

 ■コスモ式

 清水さんはダウンベストに七分丈ぐらいのパンツ、全体的に白黒の縦縞でした。お化粧もして指にも光りモノつけてて、2日前に見たときよりはだいぶ元気そうに見えた(バンド初出しだったから色々大変だったのかな)。かわいかった!
「遊ぼうって言うと遊ぼうって言う」とかACの話から「ぽぽぽぽーん!」て叫んでた(笑)手刀は6、7年振りで、当時はニウロンだったそうですが、そのときPCを落としてプラグ(?)が壊れ、「これと同じものがこのライヴハウスのどこかに必ずあるはずだから探して……!」とスタッフに泣いて探してもらって何とかライヴができた、当時のスタッフさんありがとう! ……ていうような話をしてました。
「ソラフミ」と「NEU GAME」が聴けて嬉しかった。あと初めて聴いたけど「ふゆのほし」はいい曲だったな〜。
 最後もう一曲できる? て袖に確認して(このときの指でまるつくってOK? っていうあの仕草が何かかわいかった)後で怒られちゃうかも〜みたいなことを言いながらやってくれた「Smells like teen spirit」もすごい良かったです! わりと原型とどめてなくてビックリしたけどかっこよかった!


  気が付いたら物販にTILLさんと田中さんが衣装のまんま座ってて、田中さんが描いたイラストを売っていたんですが、どこの文化祭(笑)みたいなすごく変な空間になってました……(笑)
 予想以上に楽しくてホント来て良かったなあと思いました。 とっくに29を通り越していなかったら(苦)バッヂ欲しかったなー。

Joy Ride Vol.89

  • 2011.03.22 Tuesday
  • 00:00
 Joy Ride Vol.89
 @高円寺HIGH

  震災の影響でイベントが次々にキャンセルされる中、このイベントは予定通り開催されると知って一も二もなく高円寺HIGHに行ってきました。ようやく光が見えた! と本気で思った。
 もともとは行こうかどうしようか迷っていたので当日券で入ったんですが、結構ぎゅうぎゅうだった。


 ■soyuz project
 
 いきなり凄かった。最初から完全に心を持っていかれてしまいました。
 ツイッターのツイートを読み上げていく一曲めから引き込まれ、もう全曲かっこよかったです。初めてだったのとのまれていたのでうっかり立ち尽くして観てしまったけれど、「Bellissima」とか踊ったら楽しそう。
 途中で田口さん(福間さんよりノリノリだったのが印象的)がフロアに下りてお客さんに触らせてたのはiPhoneかな? 前に福間さんがフロアに下りたらちょっと引かれて切なかったので今日は田口さんが、とかそんな感じのことをMCで話されていたような(笑)
 最後の、「CHERNOBYL・HARRISBURG・SELLAFIELD・FUKUSHIMA」って入る「Radioactivity」は涙出た。(ちなみにクラフトワークのカバーだと後で知りました。原曲ではフクシマではなくヒロシマなんだそうです)
 Youtubeで観られるので貼っておきます。コチラ

 
 ■nano sound museum
 
 弦が切れたりストラップが取れちゃったりして大変そうだったけど、必死で直しながらもちゃんと告知とかしてて達者だなあと思いました(笑) こういう状況で「やらないのも正解だし、やるのも正解」っていうMCが印象的だったなあ。
 聴きやすくかっこよくて、曲をぜんぜん知らずに観ていても楽しかったです。
 ノートPCをポンってやって曲が始まるの、いいですね!
 

 ■駄菓子菓子

 女樂殿ちっちゃいな! 細くてちっちゃくてかわいかったです。おかっぱ・白塗り・袴なんてかわいいに決まってるよねー。反則だと思う(笑)
 MC面白かったです。パンダパンダ言われていたギターの人素敵でした。


 ■GalapagosS

「黎明」聴けたのがちょう嬉しかった……ありがとうございました。「来ない明日や明けない夜はないよと/言い聞かせながら/空の明かりをただ頼りにして走る」っていうフレーズものすごく沁みました。
 写楽さんの大爆笑トークがリアルに聞けて嬉しかったよ……「ガラパゴスのメンバーが輝いていて節電とかなってなかった、と#galapagoss_setsuden みたいなハッシュタグでつぶやいて! 叩かれる感じで!」とか言っていた?(笑)あと「電気大好きだよ」って言ってたのがかわいかったです。
「アリアケル」はやっぱりかっこいいな。何の曲だったか忘れたけど、写楽さんのジャンプはかっこよすぎる。

 
 ■Divitron

 TILLさんかっこいい!
 曲とか音とかかなり好きな感じだったので今後にすごく期待です。清水さんが自分で名曲だって言ってた「Speed of light」(でいいんですよね?)とか本当にいい曲だったし。
 でもギターとベースにヴォーカルが負けてる気がしてしまった……清水さん頑張って! ていうか清水さんちょっと息も絶え絶えっぽくて心配だった……帽子かぶってかわいくしてたけど。動きとかホントかわいかった。自分のかわいさをわかってる気がする(笑)
 ここでもやっぱりシンタロウさんがしっかりしていて泣けました。
 

 BUCK-TICKはツアーごと見合わせ、FLOPPYは中止、で目の前のライヴが全て白紙になって正直ものすごく落ち込んでいたので、このライヴには本当に救われました。どんなバンドでもいい、次にライヴに行けるのはいつなんだろう……と真っ暗になっていたけれど、予想以上に早くそれが叶って、普通にライヴを楽しめる有り難さを心底噛み締めました。
 照明とかいつもより控えめだったんだと思うけど、それでもいつも以上にみんなキラキラして見えた。忘れられないイベントになりました。

 あ、帰り際にDivitronのデモ音源買おうとしたら、物販にメガネの写楽さんがいてフツ―に品物渡されて、動揺のあまり何もかも吹っ飛びました。最後の最後で。

愛の惑星(櫻井敦司) 02.

  • 2004.07.22 Thursday
  • 00:00
愛の惑星(櫻井敦司)
@NHKホール

 セットリストはまったく同じ。最初の曲はあっちゃんだけがステージ上にいて歌ってるのかと思いきやフジマキさんもいた。バンマスだもんね!

 cube juiceさんへのセクハラがエスカレートしていた……後ろから抱きついて腰を振られたり、演奏を邪魔されたりしていた彼があっちゃんに引いていないかとても心配です。立ち位置といいサイズといい、あっちゃんはcube juiceさんを今井ちゃんか何かと勘違いしてないか(笑)
 タイジさんはあっちゃんにMCを振られて「カレーとか好きなんですけど」と言っていました。そしてあっちゃんにもういいよ、とマイクを取り上げられていた(笑)

 全体的にやっぱり2日めのほうが盛り上がっていた気がする。「SMELL」とか「胎児」とか、すごかったよ。「愛の惑星」もライヴで聴いたら好きになりました。
 そういえばどのタイミングか忘れたけどあっちゃんが「プラネットオンジアース」って言ってた……たぶん「プラネットオブザラブ」って言いたかったんではないかと……。
 ジェイクとキスしてたのは「猫」のときかなあ。

「藤井麻輝、雨をください」で雨音が入って始まる「雨音はショパンの調べ」、ライヴで初めて聴いたんですが、耳に残りました。この一曲のためだけにシングルを買ってしまいそうだ……。
 最後のカバーだけでも変えてこないかなあ「Ashes to Ashes」とか! と勝手な夢を見ていたんですが、そんなことはなかった(笑)
 この日は皆で肩組んであいさつしてました。

 土屋昌巳とか岡村ちゃんとかバクチクのメンバーとか色々来ていたみたいですがまったくわかりませんでした……よくわかるなあ皆!

愛の惑星(櫻井敦司) 01.

  • 2004.07.21 Wednesday
  • 00:00
愛の惑星(櫻井敦司)
@NHKホール

 序盤に苦手な歌を固められたので最初は正直ノリづらかった……。しかしあっちゃんはかわいかったです、「愛の惑星へようこそ!」ってあかるく叫んだり元気に踊ったりしてました。衣装は変なラメ(すみません)のノースリーブにゆったりしたパンツ。
 いつも仕草が素敵なあっちゃんですが、今回は「HATE YOU ALL」で自分の頬をはたいてたのがかわいかった(笑)あ、「X-LOVER」のときはストリップダンサーの動きをしてました。

 ゲストにcube juiceと佐藤タイジさんが来てました。
 cube juiceは何だかちっちゃくて、あっちゃんに結構セクハラされていたのが軽く心配でした(笑)黙々と演奏してたけど……。
 タイジさんは強そうでした。あっちゃんに酒をすすめられてた。ステージを去るゲストさんに「あとでね」と言うあっちゃんがかわいかった……
 ゲストといえばレイモンド来ないかなあ来そうだよねとか言い合っていたんですが、来てなかったです。残念……。あっちゃんが「全部のゲストに来てもらいたいけど、そうするとイギリスから来なきゃいけなかったりするんで」というようなことを言ったあと、「レイモンド・ワッツはもう来ない」と言い捨てていました(笑)来ないんだ……

「予感」がすごくきれいでした。あっちゃんは色んな声を出せて本当に凄いなあと思う、しかもステージ上で酒飲んだりタバコ吸ったりしながらよく声が出るなあ。
「胎児」と「SMELL」が楽しかったです。「SMELL」はほんと楽しかったよ。
「猫」ではジェイクに声をかけつつ、座ってゆったり歌ってました。

 ECでメンバー紹介。フジマキさんさすがに大人気! 
 袖を通さずにコートを引っかけて、タバコを持って「LOVE」を歌っていたあっちゃん、歌の最後でタバコを握り潰してたんだけど熱くないのかな……元ヤンだから平気なのかな(失敬な)
「SACRIFICE」はライヴ映えするカッコいい曲だった!

 最後はきっとカバー曲だろうとは思っていたけど、まさか「SPACE ODDITY」が来るとは思ってなくて超びっくりしました。デヴィッド・ボウイの名曲中の名曲を……! イントロ聴きながら、聞いたことあるよ、これ知ってるよとずっと思っていたのに歌が始まるまでタイトルを思い出せなかった……意外すぎて。うーん、貴重なものを聴きました。
 ステージ上に吊られていた球体は「新月」で月になり、「SPACE ODDITY」では地球になっていたよ。

 あっちゃんとバンドのメンバー皆で肩を組んで客席にごあいさつ、退場だったんですが、ジェイクが間に合わなくてひとりだけあっちゃんと腕を組んで退場してました。

WARP DAYS 03.

  • 2002.05.08 Wednesday
  • 00:00
WARP DAYS
@渋谷公会堂

 この日、あろうことか遅刻して(死)あたま3曲ぐらい聞き逃してしまいました……。そのせいかすっごくあっと言う間に終わってしまった……(泣)

「DOWN」の「裏切る指先で全てを掴む」のところ、この日はあっちゃんライトで思いっきり股間を照らしていました。黙。この日は「ブタ」って言ってなかったな、「ハイ、ベイビイ、もっと来いよ!」みたいな事を言って煽っていた気がします。あと「来てくれた皆の幸せを祈りつつでも何があるかわからないと思いつつ……」とかごにょごにょ言ったあげくに「セックスしてって下さい」とか言っていたような。黙。
「MY FUNNY VALENTINE」のあっちゃんは面白いです。何か動作が一生懸命すぎて(ごめんなさ……)
「ICONOCLASM」と「Baby, I want you」のあいだにあっちゃんが「5 FOR JAPANIESE BABY I Want you」って言ってたのがツボでした。あっちゃんは「王国」の前にも「俺達の王国へようこそ」とか言っていて、あっちゃんにしてはいっぱい喋っていたような。あっちゃんはいつも最後の曲のアウトロが終わらないうちにお辞儀をしていなくなっちゃうけど、その動作は綺麗で好きです。

「極東より愛を込めて」、特に楽器隊がとにかく音を全開で目一杯出してるっていう感じで、この曲だけヴォリュームあがってないか? と思ってしまうくらいでした。7日に書いたことの繰り返しになるけど、あれを表すのに「カッコいい」という言葉なんかじゃダメなんですよ、全然かけ離れてるの! それでも「カッコいい」としか言えない自分の感受性が貧弱で悔しい。情けないです。わりと独占欲強いので、もっとBTを皆に聴いてもらいたいとか思わないですが、あの「極東〜」は本当にもったいないなと思う。あれをライヴで聴いたという経験を自慢できるような気さえします。

 ECの「KISS ME GOOD-BYE」が意外で驚いた!「COSMOS」のとき、あっちゃん前の方のお客さんにスタンドマイクを直接向けて歌わせていたなあ。その人が歌ったあと、あっちゃんは満足そうに手を叩いていました。

WARP DAYS 02.

  • 2002.05.07 Tuesday
  • 00:00
WARP DAYS
@渋谷公会堂

 2階の後ろから数えた方が早い席で正直遠い……と思いました。渋公って規模のわりに遠い気がするのは何でだろう。それにしても東京ドームのスタンドでさえ「近い……」と口走っていた20万人ライヴ直後の私からは考えられない発言ですね!
 そんなわけであまりよく見えなかったのですが。今井さんは最初のうちテンガロンハットもかぶってた。ウエスタン! ECではアイパッチもしてました(悦)ヒデさんが、マフラー巻いて袖がシースルーの服を着ていて、新鮮だなあと思った。

 照明が幻想的で好きです。前にも書いた「極東より愛を込めて」もそうだし、開演前の深海みたいな青とか、「GHOST」のときの黄色と緑とか、「太陽ニ殺サレタ」の全部が赤に溶けていくようなライティングとか。BTは照明がいいなアって毎回言ってる気がする。
「MY FUNNY VALENTINE」のとき、ホールの壁にあっちゃんの影がすごく大きく映っていて、何だか印象的でした。「MY FUNNY〜」で今井さんを煽っているあっちゃんの動きは「甘い経験」のときの吉井和哉に似ていると思う(何人に伝わるのだろう……)
「WARP DAY」ではあっちゃんより今井さんのほうがよく踊ってました。あっちゃんは酒瓶を持っていて、頭から酒をかぶったりしていた……LLL(SCHWEIN)そのまんま。酒をぶちまけて踊る。

 最初からMCで「来てくださってどうもありがとう……セックスしよう! セックスしよう!」と叫ばれてせつなかったです。あと「DOWN」の前に「俺は醜いブタでございます」って言ってたらしいです、私はよく聞こえなかったんだけどね(あっちゃんが喋ってるとなぜか今井さんがギターを鳴らすので聞こえない!)あっちゃんはライヴだとよく叫んでいて、私はあの凶暴な叫び声がだいすきです。
「DOWN」のとき、あっちゃんが緑のライトを小道具っぽく使っていて、「裏切る指先で全てを掴む」と歌いながらライトを掴んだ指先が緑色に染まっていて綺麗でした。

「考えてもわからないので肌で感じて下さい」っていうMCのあとの「極東〜」、迫力が……もう……すっごかった。カッコいいなんてもんじゃないんですよ。「カッコいい」なんて単語では全然あらわせない何かなのに、「凄い」と「カッコいい」しか言葉が出てこない自分を心底無価値だと思った……。

 あとは、「21st Cherry Boy」であっちゃんが下に降りたとか、本編の最後で今井さんがひとりだけ残っていつまでもギターを弾いていたとか、アニイがコマネチをしたとか(笑)、「...IN HEAVEN...」であっちゃんとヒデさんが同じマイクで歌っててそれがよかったとか……。2回目ECはすっごい楽しかったなあ!
 ユータはタオルを顔にぎゅーっとやって投げていました。

WARP DAYS 01.

  • 2002.04.10 Wednesday
  • 00:00
WARP DAYS
@市川市文化会館

 前のライヴが武道館(しかも2階)でほとんど何も見えなかった反動もあって、とにかくライヴを「見て」よろこんでいました。というかもう、今井さんに釘付けだった……衣装がカッコよすぎた! 着物っぽいジャケット(合わせとか、裏地とか)に破れジーンズにウエスタンブーツですよ! ほんと今井さんばっかり見てました。あっちゃんもカッコよかったというのに(笑)
 あっちゃんは全身黒で、よくお似合いでした。優雅に踊っていてとても素敵でしたよ! あの人は何であんなにひとつひとつの動きが優雅で絵になるんだろう……。「WARP DAY」で、ステージ前方の台の上でよろめきながら踊っていたときなんて「あれはわざとよろめいてんのかなあ」とか思ってしまう程でした(笑)
 そしてあっちゃんはめちゃめちゃファンに触らせてて、私もあっちゃんに触りたくて気がふれそうになりました。ファンが差し出した花を受け取ってひとしきりくわえてから返してあげたり、ファンの頭を抱えてマイクを向けたり、もう嫉妬死しそうだったよ……リミットブレイクでジェラスビーストに変身だよ! サービス良すぎるよ!

 アルバム曲以外は、DAY IN QUESTIONはこのツアーの予告編だったのかな……という感じの選曲だった気がします。「君のヴァニラ」が不思議だったけど。
「極東より愛を込めて」が、照明も真っ赤でフラッシュしててかっこよかった! あっちゃんがすっごい声で「ねえ ママ」って絶叫してて……凄かったです。そんな台詞を叫んでかっこいいのはあっちゃんぐらいだと思うよ……。「お母さん」とあっちゃんが呟いてからはじまった「Long Distance Call」では泣けてしまいました。最近泣きすぎ。
 わりとおとなしく聴き入っている時間が長かったように思うけど、「Baby, I want you」は弾けられて楽しかった! あっちゃんに前に引っ張り出されたユータと今井さんとヒデさんが3人で台に上がって弾いてて、それがかっこよくて……!! 今井さんとヒデさんが並んでギター弾いてるシーンにも結構ときめきました。ヒデさんは地味だけど(笑)かっこいいなあ!「君のヴァニラ」でキーボードを弾いていたし(鍵盤を弾く男性に弱いです)そういえばどの曲だったか忘れちゃったけど、あっちゃんがステージ横の張り出しにいたところにヒデさんも来てくれたのに、ファンがあっちゃんでいっぱいいっぱいだったせいかしばらく所在なげにして帰ってしまわれました……私はヒデさんも見てるよ!
 本編ラストの「王国」が終わったときに、あっちゃんがもの凄く綺麗なお辞儀をしていてそれが印象的でした。

 ECは「...IN HEAVEN...」をまた聴けたのがとにかく嬉しかった!「COSMOS」はあっちゃんがファンにいっぱい歌わせて、最後に親指を立てて「すばらしい」って言ってました。
 最後の最後にユータがいきなり服を脱いで(その脱ぎ捨てた服はアニイが持って帰った……笑)下に着てたTシャツも脱いで、思いっきり顔をうずめてから客席に投げました。反則だよ!!(かわいさが)

 MCをあんまりよく覚えていなくてすみません……。あっちゃんは投げキスをいっぱいしてくれました。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

Soy sauce impulse
Soy sauce impulse (JUGEMレビュー »)
GalapagosS
馬鹿な君と馬鹿な僕でどうせなら!

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM