THE FINAL ACT 01.

  • 2000.12.26 Tuesday
  • 00:00
THE FINAL ACT
@東京ドーム

 いきなりの「WISH」、驚きました。今日こそやるぞ! と思って構えていた「I WISH!」コールも全然出来なかった……真冬の野外の雪辱が……(涙)
銀テープキレイだった。すごい後ろまで飛んでましたね。LUNA SEAの銀テープは公演名とロゴがプリントされていていいですよね。いつかいとこにライヴのお土産を貰ったとき、ツアーグッズよりも銀テープが嬉しかったことを思い出しました。

 この期に及んでソロ活動後のアルバムをしっかり聞き込んでいなくて、急遽MDに落としたもののまったくもって予習不足という信じられない状態だった私ですが、……知らない曲殆ど無かったです……。私にとってはもういっぱいいっぱいな位親切なセットリストでした。
 LUNA SEAは、一番好きでしょうがなかったときに、経済力とか年齢とかチケット争奪戦経験の無さとか色々でとにかくライヴに行けなくて、やっと思う存分ライヴに行ける環境になったときには私の気持ちが醒めてしまって、悔しいくらいライヴ経験が無くて……去年GLAYとやったミレニアム・イヴも含めてこの日で4回目、東京ドームでちゃんと純粋にLUNA SEAのライヴを見るのは初めてで……。だから一番好きだったときの曲の殆どはライヴで聴いた事がなかったんですが、もうそれを全部演ってくれた感じです。
「TRUE BLUE」とか壊れるぐらい嬉しかったよ!「MOTHER」の辺りの曲はリアルタイムで聴いてるし、気持ちは最もライヴ行きたかったのに状況が許してくれなくて行けなかったという時期の曲なので、特に聴けて嬉しかったのかも知れない。
「IMITATION」とか「RA-SE-N」とかはちょっと意外だったけど。

 どの曲も「うわっこれ凄い好きでめちゃめちゃ聴きたかったけど聴けると思ってなかった!」という感じだったけど、そのなかでも一番そう思ったのは「RAIN」です。
 私、この曲のタイトルを「Ray」と聞き間違えて、「また何かスゴイ微妙な曲やるなあ……」とか思ってたらスクリーンに「Take to Heart」って文字が浮かび上がってて、えっ?! と思ったら、「RAIN」で……涙止まらなかったですね。ホントに。ボロボロ泣きました。何でだろうなあ。
 終わりとか解散とか、そういうんじゃなくて(それもどこかには勿論あるだろうけれど)ただもう「RAIN」という曲に泣けました。本当に聴けて良かった。心底思いました。

 そして「RAIN」といえばINORANですが、何せドレッドと聞き及んでいたので「ああ……これ以上せっかくの美貌を台無しにしないで……(超失礼)」などと思っていたのですが、スクリーンで見たらすっごいキレイになっててびっくりしましたよ! ヒゲも無くて(昔はINORANにヒゲなんて想像するのもイヤだったものです)髪型も何か可愛くしててさ! やっぱり可愛くしたらINORANは可愛いんだ〜! と同行者と大騒ぎ。
 こんなにもINORANばっかり注目したの初めてだ……今まで常に私の中ではナンバー2だったイノがここにきてトップに! 26・27通してINORANには釘付けでした。ルックスだけでなく、ギターの音もすごくキレイだったことに今更気がついた……アホじゃん?! 私(泣)「Providence」とかすごかったよ。
 私は音が良い悪いとか余り解らないんですが(すみません)、東京ドームってここまで音響良くできるの?! と思いましたよ……。だってエレキなバイオリンで場所はドームでしかも私は2Fスタンドに居て、それでどうしてあんな音が出せるんだ、SUGIZO……。
 その後の「GENESIS OF MIND」でまた落涙。序盤から泣いてばっかりでした……

 ドラムソロ、トイレに立つ人が多くてびっくりした……。
 真ちゃん気合い入っててカッコよかったよ!「今日とか明日とか、関係ねェんだよ!」と怒鳴っていたのを覚えています。「今日の俺、ちょっと怖いか?(笑)」……かなりコワかったです(笑)

 懐しめのナンバーが多かったので、何となく、どのバンドのライヴでもファンが昔の曲を喜ぶのはどうしてだろう、とかぼんやり考えていて、昔の曲は熟成期間が長くてよく熟してるからどうしたってそうなるのかも、当たり前なのかもなあ、新曲だって2〜3年すればきっとそんな感じに熟すんだ、などとふと思ったのですが、「TONIGHT」とか「SHINE」とか新しめの曲でもファンのテンションが変わっていないように私には見えて、何か印象的でした。
 私はというと、どうしてもやっぱり「DESIRE」とか「ROSIER」の方がテンション上がってしまうんですけどね。「ROSIER」みたいな、多少の好みはあれど誰が聴いても素直にカッコイイと思える曲を最近皆歌わなくなった気がします。
 懐しいといえば「BLUE TRANSPARENCY」! ちょうど「限りなく透明に近いブルー」読んだばっかりだったので、感慨もひとしおでした。

「MOTHER」の照明が凄くキレイでね、いきなり客席まで会場が全部ぱっと明るくなって、アリーナ席に石柱みたいな光の柱が立ったんですよ。神殿みたいなイメージで。その光の柱が、やがて分かれてサーチライトみたいにドームのなかをぐるぐる照らしていたんですが、それが何故か感動的でその光を見ていたら涙が出ました。
 どうしてかこの日私はライヴを見ながらやけに真冬の野外を思い出していたんですが、「MOTHER」で1回目のアンコールが終わって、2回目のアンコールでメンバーが出てきたとき客席から「きよしこの夜」の合唱が起こったんですよ、しかもきれいに揃って。5万人いるドームで、指揮者がいるわけでもなく合唱が揃うってすごいよ……メンバーもしばらく聴いてて……。
 真冬の野外のときも、アンコール待ちのときに「きよしこの夜」をファンが皆で歌って、そのとき「ああ、3万5000人できよしこの夜歌う事なんて一生で2度ないだろうなあ」としみじみ思ったことがダブって私はこの時点で涙が出そうだったんですが、そのあとの曲が「FOREVER & EVER」で……
 泣けて泣けて仕方なかったです。
 その前ぐらいまでは同行者の目を気にしていたんですが、もう構わず泣いてしまいました。(某Jは「GENESIS OF MIND」のときにいきなり「もうダメだッ」と叫んだので驚いて振り向いたらわあわあ泣いていた……)
 それにしても「GENESIS OF MIND」といい「MOTHER」といい、「FOREVER & EVER」といい、アルバムがリリースされた当時は大して好きだとも思えなくて飛ばして聴いていた曲でばっかり、私は今日泣いているなあと思っておかしかった。馬鹿みたいだなあ。笑っちゃうよ。
「SLAVE」とか「Dejavu」を聴いていても思ったんですが、本当にこの日は真冬の野外を見ているようでした。あのとき最高にかっこいいと思った、同じLUNA SEAが目の前に居ると思いました。

 そして何でインディーズアルバムにこんないい曲が入ってんの?! と毎回思う「PRECIOUS...」、RYUICHIが「最後の曲」と言っていたからもしかして「LOVE SONG」やらないでこれで終わるのかと本気で思ったのですが、「大事な曲を忘れてました」というMCに続いて「LOVE SONG」。
 最後のララララ……というところのファンの合唱がいつまでも終わらなかったのが忘れられない。

 最近はどのライヴでもわりと暴れもせず客観的に見ている事が多くて、そのぶん演出とかメンバーの動きとかが見えていたのでレポを書くのには良かったのですが、この日は久しぶりに思いっきり入り込んでしまいました。「私、私」なレポなのはそのせいです……何も見えなくなってしまうんです……。そのぶん私は楽しかったけど。
 ライヴ経験が浅いこととかLUNA SEAにブランクがあることとか、すごく気になってたんですが、そんなのどうでもいいじゃんいまライヴが楽しかったんだから! と心底思えて良かった。本命のライヴ、というのも変な話ですがとにかく一番スキなモノを見に来て完全燃焼したライヴ、という感じだったんですよ。
 LUNA SEAカッコよすぎ、良い曲ありすぎ!
 楽しかったけど、最後皆で手を繋いでジャンプして、手を放した瞬間ホントに心臓が収縮するのがわかるくらい胸が痛かったです……。
 足もがくがくしてて、しばらくは隣の某Jと口もきけなくて、ようやく後楽園の駅で開口一番出た言葉は「……明日もー来たくないよ……」「……ホントにね……」でした……(涙)

 2Fスタンドだったのですが、不思議にラルクのときほどには距離を感じませんでした。
 LUNA SEAのライヴって距離感が凄く正しい感じがします。実際より近く感じることもないけれど、TVを眺めているような感覚にもならない。ちゃんとそこにいてくれているのが、遠くにいてもわかるというか。
続きを読む >>

真冬の野外

  • 1996.12.23 Monday
  • 00:00
UN ENDING STYLE TOUR FINAL CHRISTMAS STADIUM 〜真冬の野外〜
@横浜スタジアム

 ずっと行きたかったけれどチケットが取れなくて行けなかったLUNA SEAを初めて見たライヴ。この頃はLUNA SEAがホントに一番大好きで、RYUICHI命だったんですっごい嬉しかったです。従姉妹がスレイヴさんでFC入ってて、余ったチケットまわしてくれたんですけど。
 真冬に野外ライヴで寒くて死ぬかと思いましたが、このライヴは忘れられないです。

 スタンド席だったのでさすがに遠かったのと、「STYLE」から重めの曲が続いたのとで最初のうちずっと「TV観てるみたい……」とまで感じられていた距離感が、「Dejavu」のあたりから一気に溶けてなくなった感覚を今でも覚えてます。
 かっこよかったなあ。真ちゃんのドラムソロとか。あ、Jが車椅子に乗って出てきたような気がする確か(笑)「イヴイヴって感じ?」と言いながらシャンパンを飲んでいたRYUICHIの姿に壊れ狂った記憶もあります(笑)

 綺麗な月の下で「MOON」を聴いたことも、3万5000人の「きよしこの夜」も、大切な思い出です。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

Soy sauce impulse
Soy sauce impulse (JUGEMレビュー »)
GalapagosS
馬鹿な君と馬鹿な僕でどうせなら!

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM