PHANTOM TOUR

  • 2000.09.30 Saturday
  • 00:00
PHANTOM TOUR
@栃木県総合文化センター

 そういう訳でBUCK-TICKを見に宇都宮まで行ってきました。
 ……BUCK-TICKめちゃカッコイイ!! 敦司最高!!
 色んなところで色んな人に言ってる事ですけど、私が日本人の男性ヴォーカルの声で1番好きなのがBUCK-TICKの櫻井敦司の声なんですよ。今よりずっとGLAYに気が狂いそうにイカレちゃってて、BUCK-TICKの存在なんて思いもしなかった時期でさえ、それだけは変わらなかったっつーぐらい、中学生で初めて聴いたときからあっちゃんの声大好きです。
 しかも私と同行者は「あっちゃんって、呼吸するのもやっとっぽいよね」だの「あっちゃんってバンドやってなかったらヒモしか出来なそう……」だの失礼な事言いたい放題で(スミマセン)まあ実際インタビュウとかでもあまり喋ってないし、生活力なんてカケラもなさそうないい感じに駄目な人に見えていたんで、そんな人が武道館みたいな大きいステージに立つっていう事がわりと信じられなくもあったんですが……いやもう、ステージに立ってた彼は凄かったですよ。
 会場は2000人も入らないという小さい会場で、私達の席は最後列だったにも関わらずメンバーの顔までも肉眼でぼんやり認識できて感激だったんですが(これだから1万人超級のライヴに慣れてるヤツは……)あっちゃんは立ってるだけで凄く存在感があったし、なんだかオーラも出てました。5月に横浜アリーナにイエモンを見に行って吉井さんの歌を生で聴いたときに、吉井の気迫とパワーにとにかく圧倒されたんですが、あっちゃんのパワーも凄かったです。
 ガンガンにファンを煽って、シャウトもスゴくて、ペットボトルの水を撒くそれだけの動作が鮮やかで、櫻井敦司っていう人はカリスマも華もあるめちゃめちゃカッコイイヴォーカリストだと心底思いました。顔はコワイんだけどね(余計だ!)声は当然超イイ声だし!!

 セットはシンプルだったけど演出は凄く良かったです。照明凝ってたし。一番印象に残ってるのは、「ASYLUM GARDEN」。ステージの壁(?)一面に貼り付けてあった円盤みたいなオブジェが全部赤く発光していたのが、昏い狂気みたいな歌の世界観と合ってて良かったですね……。確かこの曲のときあっちゃんが杖をつきながら歌ってたと思います。後で雑誌読んで知ったことですがこの曲ってゴッホの療養所かなんかがモチーフになってる歌で、そのイメージだったとか。あと、「GLAMOROUS」とか「女神」とか「FLAME」とか「BRAN-NEW LOVER」とか、広がり系の歌では光がめいっぱい溢れるようなライティングで素敵でした。
 曲はどれも良かったんだけど、去年の夏期待していたのに聴けなかった「BRAN-NEW LOVER」と「ASYLUM GARDEN」が聴けたのが嬉しかった。最新アルバムの曲では「カイン」がライヴ後お気に入り曲になりました! そしてECの「Ash-ra」、ポップジャムでこの曲を聴いて「あれっ、バクチクもう怖くないじゃん!」と思ったことが私をBTに呼び戻す最初のきっかけだったのですよ……聴けると思ってなくて感激! カッコよかったです!

 MCは。「こんばんはあ!」って明るく叫んでました(笑)私が思ってたよりあっちゃんは喋ってくれました(だから私は櫻井敦司を何だと思ってるんだ……)「あ"ぢい"〜〜!」とも叫んでました。「Love Letter」の前には「俺はお前らの犬になってやる! 尻尾も振ってやる! 舌も出しっぱなしだ」というような事を口走っておられて、同行した某Jがそれ聞いて滅茶苦茶になってましたよ……(笑)一番忘れられないのは次の曲で本編最後、っていうときにええーっ! ていうお客さんに向かって「またまた、知ってるくせにィ」と言っていた事ですか(笑)口調がミョーに可愛かった!
 あと、どの曲だったかよく覚えてないんですけど、マイクにキスして優雅にお辞儀をしてたのが素敵でした。
 ああ、あっちゃんの事しか見て無くてごめんなさい……今井さんもちゃんと見てたハズなんだけどなあ……今井さんは結構ヴォーカル取ってて意外でした。今井さんとヒデさんはわりとファンの近くまで行って交流してたかな。ステージと客席が凄い近くて、今井さんもあっちゃんもファンの手触ったりしてました。羨ましい……。
 たとえ自分が後ろにいても、前のほうのお客さんがメンバーと交流してるのを見るのは楽しいですよ。メンバーには少しでも近くに来て欲しいよ。

 ボキャブラリーが貧困でスゴイカッコヨカッタとしか言えてない……。興奮しすぎてたせいで興奮してたとゆー事しか覚えてないし。(いいライヴって記憶が飛んじゃって、楽しかったという事しか覚えてられないんですよね……)
 そしてBUCK-TICKというバンドに出会ってからライヴをしっかり見るまでに7年もかかってしまって、その間にはBUCK-TICKの音楽についていけなくなって離れたりしたこともあったけど、いまこうして初めて知ったとき以上のテンションで再燃できることが本当に嬉しいです。去年、富士急ハイランドのイベントでBUCK-TICK生で見た事とか、本当に良かったなと思いますよ。
 11月にもう一度赤坂ブリッツで見るんですが、今から死ぬほど楽しみ!!
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

Soy sauce impulse
Soy sauce impulse (JUGEMレビュー »)
GalapagosS
馬鹿な君と馬鹿な僕でどうせなら!

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM