THE DAY IN QUESTION

  • 2001.12.29 Saturday
  • 00:00
THE DAY IN QUESTION
@日本武道館

 なんだかんだで2001年もライヴに行かなかった訳ではないのですが、それでも自分の中で大本命クラスのライヴって久しぶりで……選曲の予想も全然つかないし、不思議な気持ちで迎えたライヴでした。昔の曲やってくれるかも……とかほのかに期待していたくらいで。
 そしたら実際には期待を上回るどころじゃない内容だったんですが!

 最初の一音が聞こえた瞬間に私は固まってしまって……たとえばサザンとか、アルフィーとか、それこそ音響も良くて演奏も見せ方もうまい大ベテランのライヴもこの一年のあいだに何度か見たし聴いたけど、それでもこんな音はきこえてこなかった、という音でした。技術的な上手い下手とか音響が良い悪いとかそういうのと関係なく、これが私のすごくすごく好きな音だ、私の好きなバンドが出す音はこれなんだ、そういう感じの衝撃でした。それだけで涙が出そうでした。
 多分1月のイエモン以降ずっと味わってなかった感覚だったと思います。
 特にドラムをものすごくいい音だと思ったのを覚えてます。
 そのショックと演奏された曲の意外さに驚いて、私、しばらく金縛り状態だったんですよね……
「MACHINE」とか大好きだったから嬉しくて、まわりも盛り上がってて動きたいのに動けなかった。こういうときバクチクのライヴに33回行ったことがあったら頭より先に条件反射で身体が動いてくれるんだろうな、とか思ったり……

「楽園」は初めて聴いた高校生のときはあまり好きでなかったのですが(すみません……ガキで……)今回歌詞がはっきりきこえて痛かったです。バクチクさんにそういう意図があったのかは解らないですが、「神の子が殺し合う愛の園」というフレーズにはやっぱり、勝手にいまの世界の状況を重ねてしまいました。
 目の裏に溜まってる涙をこぼれないように我慢してるような状態でいたので、「JUPITER」ではうっかり泣いてしまいました。

「JUPITER」のあとにMC、でもって「21st CHERRY BOY」まで来てやっと金縛りがとけて踊れるようになりました(笑)
 なんか「ICONOCLASM」から「JUPITER」までの間って、確かにあっちゃんを凝視してたはずなのに見ていたものを何も覚えていなくて、視覚的な記憶もあるのはここからです。(と言っても席が2Fスタンド上の方だったので何も見えやしなかったけど……メンバーの衣装すらいまひとつわからなかった……)
 BUCK-TICKは好きな曲を5つとか3つとか選ぶのがとても難しくて、ライヴ会場でのアンケートもいつもさんざん悩むのですが、悩んだ挙げ句に結局毎回書いている曲が「悪の華」で、その位だいすきな「悪の華」が聴けたのはもう嬉しかったなんてもんじゃないです! カッコよかったーー!!

「密室」から「太陽ニ殺サレタ」の流れはすっごかったです。あっちゃん神がかってた。前にも思ったけど、あっちゃんの声は本当に強い声だと、そしてあっちゃんは強い人だと「太陽ニ殺サレタ」を聴きながら思いました。
 ライティングもよかったです。赤い光の檻みたいなスポットとか、最後の方の灼熱みたいなオレンジ色とか。

 MCであっちゃんが、「これからね、皆の好きな曲を、とん、とととんとね、やってくから」って手振りつきで言ってて、それがなんかかわいかった……(笑)
 それで「さくら」!「さくら」ですよ!「JUPITER」のときは結構まわりにバレないように……と思ってこそこそ泣いてたんですが、「さくら」はわりと皆泣いてるみたいだったので(笑……)あまり隠そうともせずに泣いてしまいました。癒されました。
 OTHER PHANTOMツアーの赤坂ブリッツで演ってくれたとき感激して、「次はいつ聴けるんだろう……」と思った「スピード」も、思っていたより全然近いうちに聴けてしまってビックリ(笑)あっちゃんは力一杯「ジョウザイ」と言ってましたね。このあたりから我を忘れました。「die」もよかったです。

「MACHINE」も「JUPITER」も「悪の華」も「さくら」も、いつかはライヴできけたらいいなあと夢見ていた曲をまとめて聴けちゃって、これで死んでも悔いはありませんという気持ちでアンコールを待っていたので、「…IN HEAVEN…」は……もうなんか……信じられなかったです……。中学2年の頃から大好きな曲なんですよ……8年越し?!
 しかもそこから「殺シノ調ベ」と同じ流れで「MOON LIGHT」……崩壊。嬉しさで気がくるいました。
 生きててよかった。この武道館に間に合ってよかった。

 最後の最後であっちゃんが「強く生きていきましょう」って言ってくれて、「COSMOS」を歌ってくれて、そのあっちゃんの言葉と「COSMOS」があったから、私は生きていこうと思いました。
 ライヴのあいだ楽しくて楽しくて夢みたいで、幸せすぎて、このライヴが終わるのと同時に2Fスタンドから身を投げて死にたいとかなり本気で思っていたんですが、やっぱり生きよう、と(2002年のツアーを糧に……)(馬鹿みたいな事言ってますが大真面目です。ごめんなさい)

 ああ視覚的なことが皆無で申し訳ないです……ホントにまるで見えなくて……! 何もわからなかったんです。わかったのは今井さんがどうやら黒髪でかわいらしい事ぐらい……あとあっちゃんがユータくんの肩抱いて歌ってたりしたんですがどの曲だったかはっきり覚えていなくて(ダメなやつ……)
 でもこれだけ視覚に頼らないで、それでもこんなに楽しめたライヴははじめてかも知れません。

 燃え尽きて、虚脱して、だけど興奮もしてて、一駅歩いて帰れそうなライヴでした。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

Soy sauce impulse
Soy sauce impulse (JUGEMレビュー »)
GalapagosS
馬鹿な君と馬鹿な僕でどうせなら!

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM