WARP DAYS 02.

  • 2002.05.07 Tuesday
  • 00:00
WARP DAYS
@渋谷公会堂

 2階の後ろから数えた方が早い席で正直遠い……と思いました。渋公って規模のわりに遠い気がするのは何でだろう。それにしても東京ドームのスタンドでさえ「近い……」と口走っていた20万人ライヴ直後の私からは考えられない発言ですね!
 そんなわけであまりよく見えなかったのですが。今井さんは最初のうちテンガロンハットもかぶってた。ウエスタン! ECではアイパッチもしてました(悦)ヒデさんが、マフラー巻いて袖がシースルーの服を着ていて、新鮮だなあと思った。

 照明が幻想的で好きです。前にも書いた「極東より愛を込めて」もそうだし、開演前の深海みたいな青とか、「GHOST」のときの黄色と緑とか、「太陽ニ殺サレタ」の全部が赤に溶けていくようなライティングとか。BTは照明がいいなアって毎回言ってる気がする。
「MY FUNNY VALENTINE」のとき、ホールの壁にあっちゃんの影がすごく大きく映っていて、何だか印象的でした。「MY FUNNY〜」で今井さんを煽っているあっちゃんの動きは「甘い経験」のときの吉井和哉に似ていると思う(何人に伝わるのだろう……)
「WARP DAY」ではあっちゃんより今井さんのほうがよく踊ってました。あっちゃんは酒瓶を持っていて、頭から酒をかぶったりしていた……LLL(SCHWEIN)そのまんま。酒をぶちまけて踊る。

 最初からMCで「来てくださってどうもありがとう……セックスしよう! セックスしよう!」と叫ばれてせつなかったです。あと「DOWN」の前に「俺は醜いブタでございます」って言ってたらしいです、私はよく聞こえなかったんだけどね(あっちゃんが喋ってるとなぜか今井さんがギターを鳴らすので聞こえない!)あっちゃんはライヴだとよく叫んでいて、私はあの凶暴な叫び声がだいすきです。
「DOWN」のとき、あっちゃんが緑のライトを小道具っぽく使っていて、「裏切る指先で全てを掴む」と歌いながらライトを掴んだ指先が緑色に染まっていて綺麗でした。

「考えてもわからないので肌で感じて下さい」っていうMCのあとの「極東〜」、迫力が……もう……すっごかった。カッコいいなんてもんじゃないんですよ。「カッコいい」なんて単語では全然あらわせない何かなのに、「凄い」と「カッコいい」しか言葉が出てこない自分を心底無価値だと思った……。

 あとは、「21st Cherry Boy」であっちゃんが下に降りたとか、本編の最後で今井さんがひとりだけ残っていつまでもギターを弾いていたとか、アニイがコマネチをしたとか(笑)、「...IN HEAVEN...」であっちゃんとヒデさんが同じマイクで歌っててそれがよかったとか……。2回目ECはすっごい楽しかったなあ!
 ユータはタオルを顔にぎゅーっとやって投げていました。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

Soy sauce impulse
Soy sauce impulse (JUGEMレビュー »)
GalapagosS
馬鹿な君と馬鹿な僕でどうせなら!

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM